未分類

私の買っていた愛犬の歯茎ケアについて

私の買っていた愛犬は、年齢と共に口臭がきつく臭うようになりました。歯のケアなどはほとんどしておらず、口臭ケアのためのドッグフードを与える程度でしたが効果は感じにくくなっていました。病院での診察では、歯石がかなり付いていて口臭の原因となっているとのことでした。

一先ず、病院にて歯石を取ってもらいましたが、犬もきちんと歯磨きをしないと歯がだめになると教えてもらい、早速犬用の歯ブラシを試してみることにしました。初めは嫌がり、なかなか思うように歯が磨けず苦戦し、徐々に歯ブラシを見るだけで逃げるようになってしまいました。

歯ブラシの大きさが大きすぎるのだと思い小さいもので試してみたのですが、人の歯とは形も違いますし、並び方も異なります。初めは簡単だと思っていたのですが、想像以上に磨きにくく犬も嫌がるので小さい頃から日常的に歯磨きを行っていないとなかなか難しいものだと思いました。悪戦苦闘している内に、等々愛犬の歯が一本抜けてしまいました。歯が抜けたことはとてもショックで落ち込んでしまい再度、病院にて診察を受けると歯周病だとの事でした。

歯のケアは歯ブラシの他にも歯磨きシートがあるようで、それもすぐに試してみることになりました。歯ブラシと比較してみると、そこまで嫌がることはありませんでした。歯磨きシートは指にシートを巻きつけるような形で、愛犬の口の中に入れるので、愛犬が慣れるまでは、やはり嫌がりました。ただ、これ以上歯が抜けてほしくないという思いもあり、続けていくうちに歯垢は取り除けるようになってきました。口臭はなかなか治らず顔も近づけるのがつらいくらい改善できなかったので、定期的に通院をする事になりました。

愛犬のことを思うと、小さい頃からきちんとした知識を持つことは大切なように思いました。飼い主の育て方やケアに対する知識によって、ペットは健康が左右されますし、飼い主側も後々のことを考えると出費もかさばったり、手間も掛かるので本当に大切だと学びました。ペットを買うというのは、ただ散歩に行って一緒に遊んで、衣食住を用意するだけではなく、そういった犬にとって必要なこともたくさんあるので、なるべく病院の先生やペットショップなどで詳しく聞いておくことが大切だと感じます。また犬種によってケアの仕方も変わるのでこれから先、ワンちゃんを買いたいと思う人はぜひとも気をつけながら勉強して、ワンちゃんの健康を守っていってほしいです。

-未分類